ログハウス建てょ♪ログハウスキットHOME
【キット専科】HOME

ログハウス宿泊 四国

黒酢サプリメントについて

東北応援



ハーフビルド外注範囲とDIY

ハーフビルドでログハウスを建築する場合、どこまでが外注頼りにするべきなのかわからないと悩む方もいるようです。ログハウスを建築する行程で「法律や条例に関わる部分」「基礎工事に関する部分」「人手や重機を必要とする部分」「屋根・給排水・電気設備」などの部分は業者に任せるとスムーズです。無理してすべてを施主が行うことで費用や時間をロスしてしまう可能性もあります。また怪我や思わぬ事故の可能性もありまので、できればプロビルダーに教えを請いながら自分でできそうな部分を一緒に手掛けていかれるとよいでしょう。

ハーフビルドログハウス建築でセルフでできる部分といえば、ウッドデッキの建築やドア・サッシの取りつけなどがあげられます。木材に塗装を施す作業を引き受けることも良いですね。また家の中の階段の手すりなどに彫刻を施したりすることもよいのではないでしょうか。工具は扱えないけれど、彫刻刀で花のレリーフを掘ることができるという方は工事を手掛ける前に作業を行うことでも十分です。ログハウスビルダーの監修のもとで建築を行う場合や、分離発注で複数の業者に仕事を依頼する場合でも、簡単な作業になりますので、わずかながらでも自分で手掛けた部分の証を生み出すことができます。

ハーフビルドログハウスでも電気設備や水道設備に関しては、有資格者・自治体の指定業者が手がけることになっています。電気工事士の資格をもっている場合は別として、この部分をDIYで行うと処罰の対象になることも有りますので、注意が必要です。


マンション管理とは





Copyright ログハウス建てょ♪ 【キット専科】 All Rights Reserved.