ログハウス建てょ♪ログハウスキットHOME
【キット専科】HOME

ログハウス宿泊 中部東海
エピレ

東北応援



セルフビルドには資格が必要か?

セルフビルドログハウスをコツコツと建築されている方がマスコミに取り上げられる機会も多くなりました。ロハスやスローライフには欠かせないログハウスですが、こう言った建築をするには何らかの資格が必要になるのではないかと考える方もいらっしゃるようです。

延べ床面積が100平方メートル以内(約30坪)のログハウスであれば資格をもたない方でも設計・建築は可能です。ただし、建築確認申請が必要になる場合もありますので、できるだけ有識者に相談されることをお勧めします。30坪を超えるログハウスをセルフビルドで行いたいとい場合には、設計と工事監理に有資格者をおくことが法律上義務付けられていますが、施工は業者を間に入れずにセルフビルドで行うことが可能です。ただし、自治体や建築を希望する土地によってはセルフビルドログハウスに関して厳しい条件を課しているところもありますので、事前に確認が必要になります。

基礎工事などの点で、重機を入れなければならないこともあるようです。この場合には業者が介入することも多いようですが、御自身で重機の免状を取得し作業をされる方も見受けられます。居住のためのログハウスをセルフビルドされる場合には、電気設備・水道設備の整備も必要になります。こちらに関しては、電気工事士の資格をもっている方、自治体指定の水道業者に依頼をすることが必須となります。できるだけ、プロビルダーと相談をしながらセルフビルドログハウスを建築されることをお勧めします。


不動産 訳あり物件





Copyright ログハウス建てょ♪ 【キット専科】 All Rights Reserved.